関東の公営墓地・霊園での優れたデザイン

都立 多磨霊園

大正12年に開園された公営の墓地です。都営の霊園としては最大規模となります。 日本で初めて芝生を使った公園墓地として整備されたので、大変緑が多く、快適に過ごすことができます。 まるで森の中に来たようで特に春には桜が満開に育ち、霊園なのにお花見スポットとして多くの人が訪れています。

一般墓地のほかにも外人墓地や芝生墓地、無縁墓地、大規模な納骨堂などなどがあります。大正時代に造成された墓地だけあってそれなりのレトロ感はありますが、やはり日本初ということもあってデザイン的には大いに参考になりますね。

船橋市営 馬込霊園

昭和26年に開園した小高い丘陵地帯に広がった穏やかな雰囲気が漂う霊園です。 交通は若干不便ですが、周りは森や田園に囲まれていて参道も桜などの樹木で整備され、 四季と共に様々な彩りがあります。 和風というよりも洋風の雰囲気に近いデザイン景観ですのでデザイン墓石も人気です。

検索に参考になったページ
墓石のサイト