関東の民営墓地・霊園での優れたデザイン

東京多摩霊園

町田市郊外にある墓地です。宗教法人が運営していますが宗旨・宗派を問わず誰でも入ることができます。なだらかな丘陵地に造成されていて、車でお参りがしやすいようお墓に近く横付けできるよう広い車道が設けられていることが大きな特徴です。約23,000本もの樹木が植えられていて景観は最高。特に春場に咲く桜並木のトンネルがとってもきれいです。郊外の墓地としてはお参りのしやすさを考えてデザインされた一級の墓地だと思います。

さきたま霊園

古墳群が連なり、史跡公園として造成された「さきたま風土記の丘」の隣に作られた墓地です。周囲には稲荷山古墳や将軍山古墳などの大きな古墳が点在しており、古代のお墓と現代のお墓が入り交じったなにか歴史ロマンを感じさせる不思議な立地ですね!しかし周りが古墳でも中身は現代風!デザインはガーデンデザイナーと一級建築士が手掛けた全く新しい視点の墓地で、お庭のようなスタイリッシュな街路と整然と並んだ墓石がとても印象です。仕切りもあまりなく、開放的なオープンスペース形式の墓地になっているのが珍しいですね。もちろん段差を極力無くしたバリアフリー設計で時代を感じさせないデザインとなっております。

鶴巻霊園もえぎのさと

2011年の4月にオープンした新しい霊園です。伊勢原市郊外の大山の上に造成されていて 相模湾まで望める眺望が最高です! 新しいだけあって参道のレンガ風の赤い道もおしゃれですね。新しい霊園なので まだ墓石が少ないですが、年月が経つとともに整然かつモダンな雰囲気が出るのだと思います。 生活事情も考慮して全てのお墓でペットも一緒に埋葬することができるそうです。

一部の民営霊園はそのまま現地見学予約ができるみたいです。